女の人

ピューレパールを使う前に口コミで情報収集をしよう

保湿力とカバー力で選ぼう

ファンデ

厚塗りには気を付けて

最近、よく聞くのがクリームファンデーションという言葉でしょう。CMでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。その名の通り、クリームのような質感のファンデーションで、リキッドファンデーションよりも油分が多く、保湿力とカバー力に優れています。秋冬になると商品が増えるのは、その際立つうるおい感のためです。リキッドタイプのようなボトルに入ったものもあれば、チューブに入ったもの、パウダーのようなコンパクトケースに入ったものなど、各ブランドで質感、硬さはさまざまです。スポンジ、ブラシ、つけ方も一通りではありません。自分の肌の乾燥具合や、つけ心地、仕上がり、気になるポイントを押さえながら、それぞれの商品を試してみるといいでしょう。また、クリームファンデーションの効果を高めたいなら、コンシーラーやルースパウダーとの連携も必要です。クリームファンデーションは密着度が高く、気になるところをカバーしようと何度も塗ったり、ぶ厚く塗ると、厚化粧感が出てしまいます。そのため、特に気になるシミやくすみの部分には事前にコンシーラーをのせておき、クリームは薄めにのせるようにするとナチュラルに仕上がります。また、目や口の周りなどはよれやすいので、こちらも薄付きになるよう気を付けます。最後に、ルースパウダーなどでテカりを押さえましょう。油分が多いので、ツヤも出ますが、こってりしすぎる場合もあります。化粧崩れを防ぐ意味でも、最後にパウダーで仕上げることが大切です。ぜひ、クリームファンデーションの特長を活かして、自分のなりたい肌に近づきましょう。